たいせつなツインレイへ

鏡のようなたいせつな存在へ わたしが愛を知ることができますように

飛躍するとき

誰かの学びを抜け出す

想念を抜け出す



今まで教えを受けたスピリチュアルの先生、ヒーラーさん。


卒業の時期が来たようです。


ここ最近、今まで影響や教えを受けた先生方に街で会うことが立て続き、遠方の先生からは夢で修了証を渡されました。



ヒーラーさん達にはそれぞれの人生があります。人生の計画も人それぞれ。


そして、いくらチャネリングで存在の言葉を頂いても、実際に現実を生きるのは私。


わたしの現実を受け入れて認めてあげるのは自分しかいません。


それぞれが、愛で繋がっていたとしても、人間であり、いつまでも依存や答えを求める存在ではありません。



自分のパワーを取り戻す。

答えも私の中にある。


自分を生きる


信じるのは私が感じている愛


現実に自分で経験してこそ掴める信頼や、安心。伝えてあげられること。

机上の学びだけでは掴みきれないエッセンス



ヒーリングで今まで癒されて来たとしたら、


今度は愛となり、恩寵となる。



もし、必要な人がいたら、必要なものを与え、その人がパワーを取り戻し自由になることを喜びとする。



切ない思いもどこかありつつ、卒業をする。


わたしのヒーリングの幕開け(o^^o)



読んでくださり、ありがとう☆


NORIKO